厳選!! 元気が無い時に食べる(飲む)べき8つの食品

大学生の頃あたりから、前日の疲労が取れずに少し身体がぐったりすることがしばしば増えました。

そこで、食生活を改めたり、サプリメントや栄養ドリンクを摂るようにするなど、様々なことを試すようにしてきました。
いまでは、自分なりの「元気が出る食べもの」というものがはっきりしてくるようになりました。

身体に残る疲労感は、食べ物しだいであっさり改善できるかもしれないので、うまく生活に取り入れてみてもいいですね。

元気が無い時に食べる(飲む)べき食品8つ

フルーツグラノーラ

朝は、基本的には「カルビーのフルグラ」を食べています。
これだけでも、結構元気をもらえるような気がします。
栄養たっぷりですし、牛乳も合わせて摂れるのでおすすめです。

マカゴールドマグナム

精力剤なんですけど、そういうつもりで摂ってないです。
元気が出る栄養剤です。
若干高価なので、効果が感じられなければリピしなくなることになるでしょう。
個人差がありそうです。

肉!

一時期、鶏肉以外の肉をほとんど食べていない時期があったのですが、日中グッタリ感に襲われることになりました。
疲れた時は、「肉を食え」。
たんぱく質をしっかりとることが大切です。

ひょっとしたら、ただ単に、気分的に元気が出そうな気がするだけ(プラシーボ効果)なのかも。
そういう意味では、ステーキや焼き肉などいかにもパワーがつきそうなものがベストですね。

リアルゴールド(好きな栄養ドリンク)

栄養度ドリンクの代表格は、「リポビタンD」または「レッド・ブルー」の印象ですが、個人的には「リアルゴールド」が効いている気がします(プラシーボ効果かも)。
単純に、味が美味しいと感じるので。
好きなドリンクが一番良さそうです。
ちなみに、次点で「デカビタC」です。

余談ですが、栄養ドリンクとして最もコストパフォーマンスが優れているとされているのは「チオビタドリンク」だと聞いたことがあります

オレンジジュース

栄養ドリンクとは違った考え方ですが、「オレンジジュース」も効きます。
セブンイレブンのオレンジジュースを、よく飲んでいた記憶があります。
“クエン酸”が疲労回復に一役買うそうです。
「梅干」や「その他柑橘系ジュース」でもいいそうです。

納豆

最近知りましたが、ビタミンを効率よく摂取できるそうです。
正直”納豆を食べて元気になる”という発想はなかったので、効果を実感したわけではありません。

ヨーグルト

ヨーグルトには豊富な乳酸菌が含まれていて、免疫力を向上させ健康的な体を維持できるそうです。
納豆と同じく、正直あまり実感はなかったです。

おいしいもの、大好きなもの

「元気が出ない時には、気分転換するべき」と考えると、自分の好きなモノを食べるというのが一番良いのかもしれません。

杉直樹
杉直樹 著者の杉直樹です。
"ライフクエスト"は、基本的にはジャンル多岐にわたる総合ブログです。
"人生をより豊かにする"と"社会をよりよいものにする"にマッチした記事をたくさん書いていけたらと思います。
お役に立てる記事があれば幸いです。

Facebookページで為になる情報をチェック

コメント