主要電子マネーまとめ+おまけ

いまやすっかり、私たちの生活のなかに電子マネーは溶け込んできたといえるでしょう。
カードをかざすだけで支払いができ、お釣りの心配もいらないというその手軽さが、一番の普及の利用かと思います。

今回は、電子マネーについて掘り下げます。

はじめに:電子マネーとは

今更説明不要かもしれませんが、電子マネーとは、電子データによって決済する手法またはそのサービスの総称のことです。
当記事では、ICチップ型電子マネーの代表的なものを紹介します。
(au WALLET等の磁気ストライプカード型、WebMoney等の仮想マネー型の電子マネーについては、今回は紹介いたしません。)

電子マネーの魅力は、なんといっても決済スピード。
ピッとかざすだけで支払いができるので、電車やバス、コンビニなどでの利用が増えています。
また、多くの電子マネーがポイント機能を有しており、ポイントでお得に買い物できることも魅力の一つです。

現在電子マネーの総発行枚数は1億5000万枚に達し、日本の総人口をこえています。

主要な電子マネー

プリペイド型電子マネー

先払い型の電子マネーです。
残高が不足してきたら、その都度チャージする必要があります。
(オートチャージはnanaco以外可能です)

Suica、他


参照:JR東日本:Suica

交通系電子マネーとして真っ先に思い浮かぶ電子マネーといえば、「Suica」ではないでしょうか。
他の交通系電子マネーとして、「PASMO」「ICOCA」「nimoca」などもあります。
交通系カードとして、ひとくくりで紹介させていただきます。

電車やバスに乗るときに、改札でかざすだけで運賃の支払いができるのが最大の魅力です。
最近では、わざわざ切符を買って電車に乗る人も珍しくなっている印象です。
また、コンビニやスーパーなどの支払いにも多く対応していますので、あまり交通機関を利用しない方でも利用機会あるかもしれません。

楽天Edy


参照:電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」

元「Edy」でしたが、2012年6月に「楽天Edy」に変更されました。
「シャリーン」の決済音が特徴的ですね。
店舗での普及率が高く、全国津々浦々かなりのお店で利用可能な、非常に便利な電子マネーです。
楽天スーパーポイントが貯まるので、楽天ユーザーの方はぜひ導入したい電子マネーです。

nanaco


参照:電子マネー nanaco 【公式サイト】

セブンイレブンでお馴染みのセブン&アイ・ホールディングスが展開する電子マネー。
付与されるnanacoポイントはボーナスポイントは比較的高く、対応のクレジットカードでチャージするとチャージポイントも付いてくるなど、お得な電子マネーといった印象です。
公共料金や税金、たばこなどを買うことができるのも強みです。

WAON


参照:電子マネー|WAON [ワオン] 公式サイト

イオンが発行する電子マネー。
キャラクターの白い犬を全面に打ち出しており、決済音も「ワオン!」。
イオン系列のお店の利用機会が多い方は導入したい電子マネーです。

ポストペイ型電子マネー

後払い型の電子マネーです。
チャージが不要で、利用代金はクレジットカードと合算して請求されるケースが多いようです。
クレジット決済の一種とみられることもあります。

iD


参照:ドコモのiD

株式会社NTTドコモが運営する、おサイフケータイを利用するための決済プラットフォーム。

QUICPay


参照:使う人ほどトクをする。チャージのいらない電子マネー。|QUICPay

他の電子マネーと比較すると、そこまで普及していないようです。

カードタイプかモバイルアプリか

単体カード型

電子マネーを利用開始する際にカードが発行されますので、そのカードを財布の中などに入れておいて、会計の際に出してやり取りします。
よくも悪くも、最もシンプルな管理方法ですね。

メリットは、導入・廃止が簡単にできる点です。
辞めたくなれば、サービス会社に電話等をして退会手続きを取るのもいいですが、残高を使いきってカードを切って捨てれば、すぐに辞められます。

デメリットは、カードタイプだと簡単にマネーの残高を調べられない点です。
それと、パスケースに入れて保持している方も多いようですが、複数の電子マネーカードを重ねて入れていると支払いの時にうまく反応しなかったりなど、カードの出し入れに苦慮しがちです。

ちなみに僕は、「nimoca」「楽天Edy」「nanaco」のカードを所持しています。
1枚ずつカードホルダーに入れて、ポケットに直に入れています。
あまりスマートな管理方法には思えませんが、いまのところこれがベストと思っています。

一体カード型

クレジットカードなどのカードと一体型になっている電子マネーです。
単体カード型と比較すると、カードの保持枚数が1枚減ってスッキリする点がメリットです。

モバイルアプリ型

携帯電話・スマホ(iPhone除く)にて、会員登録しアプリをインストールすれば、すぐに利用が開始できます。

最大のメリットは、携帯電話さえ持っていれば、複数のカードを保持したりいちいち財布から出したりする手間がない点でしょう。
カード型と違い、複数の電子マネーアプリをインストールしていても、競合は起こりません。
また、残高確認が容易である点も強みです。

デメリットは、携帯電話の機種変更の際に、残高の引き継ぎなどが面倒な点です。

杉直樹
杉直樹 著者の杉直樹です。
"ライフクエスト"は、基本的にはジャンル多岐にわたる総合ブログです。
"人生をより豊かにする"と"社会をよりよいものにする"にマッチした記事をたくさん書いていけたらと思います。
お役に立てる記事があれば幸いです。

Facebookページで為になる情報をチェック

コメント