たった一度の人生を勇気づけてくれる、心に刻みたい名言

いい言葉は、いい人生を作ります。
道に迷った時に思い出したい、至高の名言をピックアップしました。

今日もまた頑張ろう。
そう思える言葉って、やっぱり素敵ですね。

目次

たった一度の人生を勇気づけてくれる、心に刻みたい14の名言

“どうして、自分を責めるんですか?
 他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだから、
 いいじゃないですか。”


– アインシュタイン

くよくよしてしまう人は心に留めておきたい言葉かもしれません。
信念を持ってとった行動は、最後まで信じ続けてあげましょう。

“チャンスは貯金できない。”


– ヘンリー・キッシンジャー

たった一度しかない機会を大切にすること。
たとえ少々の不安があったとしても、常に挑戦の気持ちを持っていたいものです。

“人生における大きな喜びは、「君にはできない」と世間が言うことをやってのけることである。”


– ウォルター・バジョット(経済学者)

「常に昨日の自分を上回れるように…。」
そんな気持ちで毎日を過ごせれば、いつか他人の評価を上回る結果を残せる日が来る気がします。

“人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。しかし重大に扱わなければ危険である。”


– 芥川龍之介

いつも自分の安全地帯の中で過ごす必要はなく、どんどん挑戦していいんだと捉えることができます。
しかし、自分の人生を台無しにしてしまうリスクだけは、きちんと想定したほうがよさそうです…。

“失敗?これはうまくいかないということを確認した成功だよ。”


– トーマス・エジソン(発明家)

素晴らしい言葉ですが、失敗を繰り返していたり、予期できそうな失敗をしていては駄目かもしれません。
全く新しいものを世に生み出そうとする発明家ならではの発言かもしれませんね。

“明日死ぬかのように生きよ。
永遠に生きるかのように学べ。”


– ガンジー

矛盾しているようで、実はとても大切な考え方ですね。
人生は、挑戦と学びの繰り返しです。

“自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。
なければなおいい。
今まで世の中で能力とか、才能なんて思われていたものを越えた、決意の凄みを見せてやるというつもりでやればいいんだよ。”


– 岡本太郎

天部の才を持った人間なんで、世界中でもごくわずか。
コツコツど努力を積み重ねて成功を勝ち取るストーリーを描きましょう。

“名誉を失っても、もともとなかったと思えば生きていける。
財産を失ってもまたつくればよい。
しかし勇気を失ったら、生きている値打ちがない。”


– ゲーテ

勇気を出すことが怖いと思ったことは数えきれません。
踏み出す一歩がためらわれるときに、思い出したい言葉です。

“人生はどちらかです。
勇気をもって挑むか、棒にふるか。”


– ヘレン・ケラー

こちらも同じく”勇気”がキーワード。
勇気を出さずに終わってしまう人生はもったいない気がしてくる、そんなパワー溢れる言葉です。

“人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。”


– チャールズ・チャップリン

自分の人生を振り返った時に、物語がないのは寂しすぎます。
常に自分が喜劇の主人公であるかのように振る舞えれば、明るい未来が開けてきそうな気がしてきます。

“「できること」が増えるより、
「楽しめること」が増えるのがいい人生。”


– 斎藤茂太

たった一度の人生をどう生きるのか…。
「自分の人生、楽しいかい?」と、常に問いかけていたいものです。

“最悪の事態を受け入れてしまえば、もはや失うものはなくなる。
裏を返して言えば、どう転んでも儲けものなのだ。”


– カーネギー

意思決定の場において、”最悪の想定”をしてみると意外な気付きがあるかもしれません。
小さなリスクで物事をためらっていては、もったいないですね。

“本当に勇気があるかのように振る舞う。
こうすれば元気が出てきて、「自分だって、あれくらいのことはできるのだ」という気になるから妙だ。”


– カーネギー

これは面白い言葉ですね。
生まれながらの勇者は、いないのかもしれません。

“努力して結果が出ると、自信になる。
努力せず結果が出ると、傲りになる。
努力せず結果も出ないと、後悔が残る。
努力して結果が出ないとしても、経験が残る。”


– 発言者不明

努力に報われぬ努力なし。
結果だけを見ればそれは間違いかもしれませんが、人生単位で見れば、結果が伴わなかった努力も貴重な財産になるのかもしれません。

杉直樹
杉直樹 著者の杉直樹です。
"ライフクエスト"は、基本的にはジャンル多岐にわたる総合ブログです。
"人生をより豊かにする"と"社会をよりよいものにする"にマッチした記事をたくさん書いていけたらと思います。
お役に立てる記事があれば幸いです。

Facebookページで為になる情報をチェック

コメント