ブログを書くにあたって、自分なりに定めているマイルール

皆さんは、ブログを書くときになにか気をつけていることなどありますか?

僕は、自分の中で、ブログを書くにあたってのルールのようなもの決めています。
特に文字に起こしていたわけでもなかったためどこか曖昧ではありましたが、ある程度記事を書いていくと、そういった指針は自然と出来上がっていくものです。

今回は、そんな「ブログを書くにあたっての自分ルール」について、思い切って記事にしてみました。
参考になる点があるかもしれません。

ブログを書くにあたってのルール

日記ではない


「ブログ=ウェブ上の日記」という定義付けが一般的かもしれません。
所謂「芸能人」ブログなんかは、それにあたります。

でも、僕は一般人ですし、僕の普段の生活を知りたい人なども存在しません。

僕が書いている「ブログ」は、すなわち「情報のアウトプット」です。
必ず読者にとって何らかの”学び”があるように。
そのようなコンセプトで書かれています。

ですので、くだらない「日々の雑記」のようなものは書かないようにしています。

毎日書くように習慣づける


僕は、だいたい毎日21:00ぐらいから2時間ほど「ブログ執筆時間」を設けています。
これは原則「毎日必ず!」です。

元来面倒くさがりな僕は、習慣化しなければ、間違いなく書き続けられません。

別の仕事が忙しい時でも、例外は認めず、必ず時間をとるようにしています。
そうすることで、かろうじてブログを運営し続けていられるという現状です。

ちなみに、書いた分の記事の更新は義務付けていません。
下書きのみで終わってしまったとしても、それはOKとしています。

内容の薄い10記事より、内容の濃い1記事のほうが、SEO的に強いのではないだろうかというのが僕の考えです。
「記事更新」を義務付けてしまうと、薄いブログになりそうです。

記事の書き方のフォーマットを定める


記事の書き方にルールを設けることにしています。
「ですます口調」で統一するといった基本的なところから、「h2=大見出し」「h3=中見出し」「h4=小見出し」といったhtmlの記述方法に至るまで、なるべく自分なりのフォーマットを作って統一するようにしています。

ただし、完璧に守る必要はないとも考えています。

この記事では一人称は「僕」ですが、どこかの記事では「私」になってしまっています。
一冊の書籍と考えると、かなり基本的なミスですが、ブログですのでよしといています。
フォーマットに固執しすぎると、肩に力が入りすぎた状態でブログ運営することになるので、多少ルーズになっています。

読者のターゲットを想定する


ブログ全体で見ると、記事カテゴリーはごった煮状態です。
ですが、必ず一記事において、「どのような読者に読んでもらうか」を想定するようにしています。

例えば「Web制作」関連の記事において、Web制作ビギナーの方を惹きつけるようなタイトルを付けておいて解説が不十分だった場合、すぐに「戻る」ボタンを押されてしまいます。
「Twitterフォローされること」や「別記事も読んでもらうこと」を目指すなら、ちゃんと読者ターゲットを想定し、その想定に沿った内容の記事を書かなければならないと思います。

「タイトル」をしっかりと考える


単純に「キャッチー」なタイトルを付けるということを気にするだけでも、ずいぶん違う気がします。
Googleの検索結果に表示された際にクリックされやすくなるだけでなく、SNSでの拡散に大いに影響します。

目次から考え、全体の構造を明確にしてから書き始める


特に、長い記事に慣ればなるほど、そうした方がいいです。
全体構成をイメージできぬまま記事を書き始めてしまうと、どうしても行き詰まってしまったり、結局構成を変更することになり先に書いた文章の修正を余儀なくされるケースがあります。

短い記事であれば、場当たり的に書いていったとしても影響は少ないので、勢いに任せて書いてしまうこともしばしばありますが、それでも頭のなかでどういう構造で書いていくのか考えながら書く必要があります。

カテゴリーとタグはしっかり分類する


記事の分類はSEO的にも重要なポイントなので、気をつけてやるようにしています。
ポイントは、あまり深く考えず、読者が記事を探しやすいように分類してあげることに気をつけています。

カテゴリーに関しては、親カテゴリーと子カテゴリーをあらかじめ作っておき、記事ごとに分類すればOKです。
タグについては、投稿記事の中でのメインキーワードを割り当てるイメージでつけています。

カテゴリは「親子関係の設定」、タグは「複数割り当て」が、それぞれの重要な特徴です。
とにかく、「記事が見つけられやすいように」というのを気にしつつ、一貫性を持ちながらうまく分類していきましょう。

既存記事となるべく被らないようにする


ブログのネタ探しで、他のブロガーさんの記事からインスピレーションを得ることはあるかもしれません。
でも、記事の内容はほぼ同じで、言い方だけを変えた様な記事は、なるべく書かないようにしています。

必ずその記事に”オリジナル要素”があった方が良いです。
そうでなければ書く意味が無いですし、書く時間の無駄とさえ思います。

ウケ狙いの文章は書かない


これはユーモアのセンスとも関係があると思うのですが、僕の場合、変に”ウケ狙い”の文章は書かないようにしています。

他のブログを読んでいて、ウケ狙いの文章を見かけることはしばしばあります。
本当に笑ってしまうセンスのいい記事もいっぱいありますが、「うわぁ…」と思ってしまうことも多いです。
“ウケ狙い”の文章を書くこと自体はそれほど難しくもないですが、実際にクスッと笑ってしまうような文章を書くのは、実は相当難しいと思います。

自分にはこのテの才能はないだろうと思いますし、何よりすべるのも怖いので書かないようにしています。
以下の点を考慮すると、寒い文章はどうしても書きたくないです。

  1. 新しく知り合った人に「ブログ書いてます」と言えなくなりそう
  2. 「ブログ見ましたよ」と言われた時、顔が赤くなりそう

せっかくWeb制作関連のためになりそうな記事も書いているので、堂々とブロガーを名乗りたいものです。

気の利いた表現や思い切った語り口にチャレンジしない


とりあえず今は、シンプルで味気ない文章で記事を書いています。
文章力はないのだから、身の丈にあった書き方をするべきだと考えています。

変に無理して”上手い書き方”にチャレンジしてしまうと、それ以降の記事を書くのが辛くなりそうだからです。

“ウケ狙い”や”上手い書き方”をスパッと諦めて、シンプルな書き方を心がけると、慣れないところで脳みそを使わないので、記事執筆時間が短くてすむと思います。

新技術の習得に関する記事は、その技術をある程度修めるまで貯めこんでおく


例えば、ウェブ制作に関する新しい技術(Sass等)の習得に挑戦した際、そのことをブログに書きたいとします。
でも、まだ技術を完璧に修めていない場合、「もっと十分理解を深めてから書いたほうがいいのかな」と不安になったりもします。

僕の場合は、書きたいという思いがある程度湧いてきても、やはりある程度理解が深まるまで絶対に書かないようにしています。

「ブログ=日記」と捉えるなら、自分の中での分からない点や悩んでいる点などを、そのまま一記事として書くべきかも知れません。
思い切って記事内に書いておくことで、より親しみやすく鮮度の高い記事になると思います。

ただ、そんな記事を書いても、それが”役に立つ記事”とはいえません。

基本的には、一記事一記事に読者さんが何らかの発見をしてくれるような情報を含めておくべきだと考えているので、技術習得の過程の中での疑問点や悩みはメモするにとどめ、理解が深まった後にその解決方法とともに紹介するようにしています。

中途半端な「思ったこと」記事は、あまり更新したくないと考えています。

十分修められていない分野のものを記事にしようとすると、たいてい文章に詰まってしまうので、その際他ブログの記事などをたくさん読みなおすことになります。
修められていない分野の情報でも、むりやり文字に起こして説明しようとすることで、ブログ記事執筆と同時進行で”勉強”になり、理解が深まる可能性はあります。
「下書きのみ」であれば、技術を完全に習得する前に同時進行的に記事を書いていくのもありかもしれません。

嘘は書かない、良いことばかりを書かない


情報商材をアフィリエイトしているような胡散臭いブログなどが最たる例ですが、「月収100万円稼いでいます」のように「成功者」であることをアピールすることで、人を惹きつけようとする作戦をわりと見かけます。
憧れられることは人気の秘訣なので、そう主張したくなるのもわかりますが、僕はそういう書き方はしたくありません。

嘘か真実かという話ではなく、仮に本当に月収100万稼げたとしても、「月収100万円稼いでるよ」とさらっと言うのは避けたいです。

物事には必ず良い面と悪い面があるはずなので、ポジティブな事ばかり載せるだけでなく、ネガティブな事も合わせて紹介しておくべきでしょう。
すべての記事を書くにあたって、その中でも特に「お金」や「生活」に関わってくることは、必ずフェアな目線で書くようにしたいものです。

僕はフリーランスで仕事をしていますが、「フリーランス最高。会社なんて辞めちまえよ」という主義主張は、絶対にすることはないでしょう。

杉直樹
杉直樹 著者の杉直樹です。
"ライフクエスト"は、基本的にはジャンル多岐にわたる総合ブログです。
"人生をより豊かにする"と"社会をよりよいものにする"にマッチした記事をたくさん書いていけたらと思います。
お役に立てる記事があれば幸いです。