ブログをモバイルファーストにリデザインしました

毎日のPV数もそこそこの数になってきた今日このごろです。
先日、常々やろうと思っていた「ブログプチリニューアル」をついに敢行いたしました

一度当サイトへの訪問経験がある方で、違いに気づいた方はいらっしゃるでしょうか。

今回は、ブログリニューアルの内容とそれに至る経緯などについてお話いたします。

ブログをモバイルファーストに

モバイルファーストを簡単に言えば、スマホユーザを第一に考えて軽くて扱いやすいサイトで運営していこうよという、方針の一つです。

そもそものデザインはPC向けだった

元々のブログデザインで採用されていたメイン画像を、ここでお見せいたしましょう。

Oh… 重そう。
これが、ブラウザ横幅いっぱい。

個人的には、なかなか気に入っています。
結構時間をかけて作成した画像です。
「ブログがサイト訪問者の印象に残るかどうか」という面において高い効果を期待して、Headerに配置しました。

気になる点はやっぱり一点、いかんせんファイルサイズがでかい
レスポンシブデザインを採用していたのですが、この重さに目をつぶったままでいいものか、悩みの種でした。

アクセス解析ではスマホ閲覧者の割合が最も多かったので…

ウェブにおいての意思決定の根拠は、「数字」であるべきです。

アクセス解析はもちろんかねてから導入していましたが、PCよりもスマホからのアクセスが多い。
加えて、ウェブサイトチェックツール「PageSpeed Insights」でも、低い数値をたたき出してしまいました。

とすれば…
あの絵は、スマホでは廃止しかないでしょう。
(いままでも、CSSのdisplay:none;で消してはいましたが、設計上読み込んでしまっていました。)

スマホ専用サイトを用意するか、モバイルファーストのレスポンシブデザインに生まれ変わらせるか、二つに一つ。
というわけで、僕は後者を選択。
結局あの大層な一枚絵は泣く泣く省くことにしました。

無機質なデザインになる

結果は、ご覧のとおりです。

PC表示は大きく変わり、以前と比較するとやや味気ない見栄えになりました。
モバイルファーストのデメリットは、やっぱりデザインに個性をもたせるのが難しいことですね。

そうはいっても、実はもともとミニマルめのデザインが僕は好みなので、これはこれでお気に入りです。

さて、期待の効果は…
“mobileユーザー”のPV数や直帰率、平均セッション時間などは、ほとんど横ばい
ありゃ。
そう簡単にはいかないものですね。
(後々に効果が現れて生きたら、ひとつの事例としてアナリティクスを晒すかもしれません。)

でも、なんだかんだで効果は現れてくるはずなので、スマホユーザーも大切にする方針は継続いたします

あの一枚絵が懐かしい方は、Facebookページにお越しください。

杉直樹
杉直樹 著者の杉直樹です。
"ライフクエスト"は、基本的にはジャンル多岐にわたる総合ブログです。
"人生をより豊かにする"と"社会をよりよいものにする"にマッチした記事をたくさん書いていけたらと思います。
お役に立てる記事があれば幸いです。