中小企業サイトに有効なSEO外部対策。信頼性の高いサイトからの被リンクを獲得する方法

検索エンジン最適化(SEO)についてのお話。
そこまで難しい話ではありません。

本記事では、特に中小企業のホームページを上位表示させたいケースにおいて有効な戦略をお話します。
具体例をいえば「札幌市 クリニック」という検索結果で上位表示を狙いたい場合、等が挙げられます。

ウェブ制作業を営んでいるということで実はそこそこ企業秘密的なことでもあるのですが、思い切ってお話してみましょう。

その前に、SEOにおける内部対策と外部対策のおさらい

まずは、SEOにおける内部対策と外部対策について。
内部対策とは、ウェブサイトそのものを最適化すること
外部対策とは、他のサイトからリンクを獲得することを言います。
(ざっくり言えばです。)

内部対策は、コンテンツの量と質を揃えることを頑張りましょう

検索エンジンは、利用者にとってより為になる有益なウェブサイトを上位表示させることを使命としています。
よって、コンテンツが乏しくて誰のためにもならないようなサイトを上位表示させることは相当困難です
さらっと書きましたが、これはかなり重要です。
ウェブの本質を見つめて、自社サイトがほんとに検索上位にふさわしいか見直す必要があります。

まずは、自社サイトの情報の量と質を見直しましょう。
サイトそのものの魅力を高めることが大切です。
それができていないサイトは、スタートラインにすら立ててすらいないとも言えます。

補足すると、サイト構造をよりわかりやすくしたり、検索エンジンにわかりやすいHTMLマークアップを心がけるなど、素人さんにはわかりにくい技術的なアプローチで内部対策の改善が見込める場合があります。
そこは一から解説していてはキリがないので、プロに任せてきっちりと制作してもらいましょう。
素人制作のサイトをプロにリニューアルしてもらっただけで、検索結果に影響が出るケースが多かれ少なかれあります。
ただし近年では、それだけで検索上位を約束できるものではなくなりつつあります。
「制作技術のみで上位表示させる魔法」を期待するのは止めましょう。

外部対策は人気投票

外部対策は、人気投票をイメージするとわかりやすいです。
簡潔に言うと、信頼性の高いサイトからリンクを貰うことができれば、検索エンジンの評価も高まります。

この「信頼性の高いサイトから」というのが非常に重要です。
たまに勘違いして、リンクの数だけを増やそうと相互リンク(互いにリンクを送り合う)の募集に声をかけまくる方がいらっしゃいますが、それは間違いです。
今の時代は、単純な相互リンクはスパム扱いになり、かえってSEO評価を落とします。

信頼性のないサイトからの被リンクは、人気投票においてサクラを雇うようなものです。
そんなことが発覚した場合には、人気投票のレースから閉めだされてしまいます。
それは検索結果の競争においても同じ。
無茶なヤラセは控えるようにしましょう。

外部SEOの戦略とは

いよいよ、ここからが本題です。

今回の記事の肝は、「どのようにして信頼性の高いサイトからリンクを貰うのか?」という点です。

シンプルな一手として、業種別(地域別)登録サービスに登録する戦略があります。
それも、信頼性のある大手の登録サービスです。

競合サイトを調べる

超有名サイト「Open Site Explorer」の被リンクチェックサービスを利用します。

「Open Site Explorer」の無料ユーザー登録を済ませる

まずは「https://moz.com/community/join」へいき、無料ユーザー登録を済ませましょう。
(無料ユーザー登録をしなければ、後述のサービスが1日3回までしか利用できません。)

必要事項を入力し、登録を済ませます。

これで、他サイトの被リンクチェックが、1日に何度でも可能になります。

ターゲットキーワードでGoogle検索し、上位10サイトの被リンクをチェック

さて、この「Open Site Explorer」というサービスですが、ライバルサイトの被リンクを調べることができます。
手始めに、同業他社の被リンクを調べてみましょう。
ターゲットキーワードでGoogle検索し、上位10サイトの被リンクをチェックしていきます。

被リンクを見てみてどうですか?
上位表示されているウェブサイトは、どこからかリンクされているはずです。
そのなかで、登録サイトからリンクを貰っているケースはないでしょうか??


例えばクリニックであれば「地域別診療所リスト」などのサイトです。
上位10サイトの被リンクをしらみ潰しに確認していってください。

そして、登録系サイトをリストアップしていきましょう

リストアップした登録サービスに、自サイトも登録させる

さて、次にすべき手順はもうお分かりでしょう。
リストアップした登録系サイトに、自サイトも登録させましょう。
ここで注意すべき点は、信頼性が高くない登録系サイトは控えておくということです。

「Open Site Explorer」では、「Domain Authority」と「Page Authority」という価値基準があります。
これらの数値が低いサイトからの被リンクは、とりあえず現時点では控えておきましょう
あくまでも信頼性が高いサイトからのリンク獲得を第一に目指しましょう。

まとめ:これでとりあえずリンクを獲得できる

競合を調べて調べて調べまくれば、道筋は見えてくるものです。
この方法を使えば、とりあえず貴重な被リンクを数件獲得できることは保証されます。
SEO外部対策の戦略の一つとしてご検討ください。

ただし一点注意があり、この方法は住所や固定電話番号を開示している企業向けの戦略とも言えます。
業種別登録サイトによっては、住所や電話番号などの開示が必要な場合もあるでしょう。
法人でなければ却下等ケースもあるかもしれません。
杉直樹
杉直樹 著者の杉直樹です。
"ライフクエスト"は、基本的にはジャンル多岐にわたる総合ブログです。
"人生をより豊かにする"と"社会をよりよいものにする"にマッチした記事をたくさん書いていけたらと思います。
お役に立てる記事があれば幸いです。