死ぬほど働いているフリーランスにはなりたくない

近年「働き方の見直し」が提唱されつつありますが、一応僕は、新しいスタイルの働き方として注目されているフリーランス・SOHOとして自宅でウェブ制作のお仕事をしています
(もはやそんなに新しくもないですが。)
「新しいワークスタイル」に真正面から向き合う立場の者として、今回は割とシビアな問題について考えました。

それは、「死ぬ気で働かなければ、満足な収入を得られない???」という問題です。

もちろんそれは人それぞれで、悠々自適なフリーランスもいるはずなんですが、結構フリーの方は苦労が多いという話は多く聞きます。
加えて僕のように「自宅でお仕事」となると実は結構ハードルが高く、「死ぬ気で働いても収入が得られない」という方もザラかもしれません。

一応僕は、死ぬ気でという程ではないにしても結構なハードスケジュールで働けば収入は得られるという、微妙に辛い状況です(笑)
しかしそうはいっても、働き過ぎの生活がずっと続くと、心身ともに疲弊しきって人生を楽しめません

5年後10年後の先を見据えると、無理し続けるのは絶対に良くないです
体調面・精神面での充実を意識して仕事できるように変わらなければ、いつか無理し続けの生活は崩れるし、プライベートの楽しみもありません。
フリーランスだろうがノマドだろうが社長だろうが、本来はまともな時間だけしか仕事してはいけないと僕は思います。

そこで今回は、働き過ぎのフリーランサーにならないためにどうすればいいのかを考えました。
自分への戒め的な意味もあります。

死ぬほど働くフリーランスにならないための6箇条

生きるための最低収入を稼げたら(とりあえず今は)可とし、残りの時間は投資・効率化に使うように


生きるための最低収入というと、以外と月10万円でもいけるかもしれません。
低収入であることがわかっていれば、年金の免除申請などもあらかじめ手が打てます。

もちろん贅沢をしてストレスを発散させたい気持ちもわかりますが、その分のお金をオーバーワークで稼ぐというサイクルを継続するのは結構きついものがあります
そこは我慢して、その月の贅沢を諦めることをすすめたいところです。
ただし、空いた時間に何もしなければただ貧乏なだけにになってしまいます。

自分への投資や業務効率化の検討など、”その月の収入には直結しないかもしれないけど将来的には役に立つこと”をなにか考えだして、それをすべきです。

繰り返しの作業で、テンプレート化できないものがないか探す


テンプレート化を意識することは重要です。
必要書類のテンプレ化、クライアントとの連絡文言のテンプレ化、制作物のテンプレ化など。
ひとつのプロジェクトで作り上げたものを次のプロジェクトにうまく使いまわしていくことで、仕事を重ねるごとに少しづつ時間短縮ができていくのが理想的です

自動化できる仕組みづくりを目指す


個人的な話ですが、ウェブ制作業務を受注するにあたって、当初はランサーズなどのクラウドソーシングサービスを多く利用していました。
当然、仕事を獲得しようとするフリーランサーは多いので、仕事の取り合いとなるケースが大半です。
ひとつひとつの依頼に、なるべく魅力的な提案をしていきます(ここで価格破壊になる場合も多い)。
ある意味営業にも似ています。

これはあまり効率的ではありませんでした
クラウドソーシングサービスでの依頼にひと通り目を通し、魅力的な提案を考え応募、選定を待ち、選ばれてからがスタートです。
ひとり常識はずれの低価格で受注しようと目論む方が現れてしまったら、仕事を持っていかれる可能性も高まります。

そこで、ウェブ制作業務受注用のLP(ランディングページ)を作成し同時にアドワーズ広告を出稿し、自社サイトでの受注を目指す方針を固めました。
そうすることで、お問い合わせが自動的に来ることになりました。
100%自社サイトではないものの、ある程度営業時間を減らすことができました。

まとめると、仕事の一部を自動化できるような仕組みを作ることで、効率化が図れます

ただし、広告を出さなければアクセスはほぼ見込めないので、ある程度の資金は必要です。
(僕の例では、ランサーズの仲介手数料と依頼探しにかかる時間の機会費用が、広告費に変わったイメージ)

もちろん、必ずしもウェブでの営業自動化が得である保証はないので、従来の営業とどちらが得なのかをテストすることも重要です。
(ウェブでの営業効果は、ウェブマーケティングで今後高められる可能性があることもお忘れなく。)

労働生産性を高める努力をする


単純業務においても、早い人はほんとうに早いです。
質を落とさずにスピーディに仕事を仕上げられるよう、努力する必要があります。

例えば、環境を変えてみることによっても、生産性が向上するケースはあります。
以前僕は、ウェブ制作におけるコーディング業務をやるときはYouTubeで音楽をかけながらやっていたのですが、それを一切やめました
作業用BGMをかけていても実際スピードはそれほど落ちないのですが、ちょっとした作業間に休憩として関連動画を見てしまったり、Yahoo!JAPANも覗きにいってしまったりと、結果的にせわしなくなってしまい時間を浪費してしまいがちでした。
いまではFirefoxアドオン”LeechBlock”を常時有効化し、このテの時間を浪費させてしまいがちなサイトは問答無用でアクセス不可にしています。
しかも、基本的に仕事時は耳栓つけっぱなしです。

のんびりしたペースで仕事するのが習慣になってしまうと、惰性でずーっとそのペースで仕事することになり、結果として仕事を終えるのが遅くなってしまいます
自分に厳しく!

考えるだけの時間を作り、それと同時進行で気分転換する


考えるだけの時間というのは、絶対に作るべきだと思います。
孤独なフリーランスでも、例えば頭のなかで”5人が参加する会議”のようなものをイメージしいっぱいいろんな視点のアイデアを出してみることで、仕事のクオリティを高められるケースが多いはずです。

で、この考えるだけの時間を作るときは、決まって僕は外に散歩に行くようにしています。
幸い自宅周辺がお散歩コースとしてイイ雰囲気なので、そこを散歩しています。
休むときはきっちり休むのがベストですが、仕事時間内でも比較的リラックスできる時間を確保することも重要です

どうしても死ぬ気で頑張らなければならない場合は、最初だけ


そうは言っても「働き続けなければ食えませんという」ぎりぎりを生きる方もいらっしゃるかもしれません。

例えば、いまは事業をスタートしたてでどうしてもスキルやリソースが足りていなくて、短期間だけ無理して働いているという場合。
これは、なかなか判断が難しいです。
場合によっては、超労働を容認する必要があるかもしれません。
ここが一番難しい点です。キレイ事だけでは収入になりませんので。

どうしても、たとえ死にそうなほどであっても働き続けなければという方は、必ずそれにはゴールがあることを意識しなければならないと思います。
永遠に働き詰めになるくらいなら、フリーランスは諦めて就職先を探したほうがいいと思います。
実家に戻ったり、シェアハウスで家賃を浮かせたりなど、なにかもう少し救いのあるライフスタイルを模索して見ることをおすすめします。

おわりに

本来仕事とは世の中を良くするためにあるものです。
そしてそれを通じて、達成感や感動を味わったり、評価される喜びを味わうのが、仕事の醍醐味です。
その仕事に携わっている本人がボロボロになってしまっていては、その仕事は本当に素晴らしいものであったとはいえないのではないでしょうか。

収入を多く得るため(あるいはぎりぎり確保するため)に死ぬほど働いて、結果として疲弊しきった状態でまた次の仕事に臨むことを繰り返していたら、人生の意味を見失いそうで怖いですよね。
なかなか収入が安定しないフリーランスだけに僕も実際悩みは尽きないですが、それでも活き活きとエネルギッシュな状態で仕事をすることでポジティブな成果をあげるのが、自分の中での理想です。

ただ、いまの段階では理想から若干遠いので、そこはコツコツ日々ちょっぴりのオーバーワークで頑張っています。

杉直樹
杉直樹 著者の杉直樹です。
"ライフクエスト"は、基本的にはジャンル多岐にわたる総合ブログです。
"人生をより豊かにする"と"社会をよりよいものにする"にマッチした記事をたくさん書いていけたらと思います。
お役に立てる記事があれば幸いです。