サラリーマンを「社畜」と腐すフリーランス(ノマド)は信用できない

フリーランスの立場ではありますが、フリーランス万歳的に記事にヒトコト。
「フリーランスであることは高尚なことだ!」と説き伏せたいがために、サラリーマンを貶めるような記事を書く輩は、どうにも信用できません。

サラリーマンにもメリットとデメリット両方あることは自明


たまに、起業万歳、フリーランス万歳の記事を見かけますが、サラリーマンの悪い側面ばかりを強調している記事を見ると違和感しかありません。

サラリーマンにも、メリットとデメリットの両方があるんです。
当たり前のことですが。
そうでなければ、日本中の多くの人がこんなに会社勤めを続けられる訳ありません。

以下、サラリーマンのメリットとデメリットについて、自分なりにまとめてみました。
(あくまでも、「場合が多い」という点に留意。)

サラリーマンのメリット

  • 生活が安定する
  • 社会的な信用がある
  • 福利厚生が充実
  • 確定申告などの手間が省ける

サラリーマンのデメリット

  • 好きなことができない。自由でない
  • 会社(上司)には従わなければならない
  • 給料が上がりにくい
  • 節税の難しさ

デメリットにばかりフォーカスするのはアンフェア


フリーになっても稼げるという確固たる自信や確証がない中で、サラリーマンを辞めてフリーになるのは、すいぶん勇気がいることです。

僕もフリーランスとして活動していますが、きつい日々も経験してきました。
サラリーマンを辞めたいと思っている人々にアドバイスを求められたら、まずは「サラリーマンのメリット」を見直せと言いたいです。
どれだけ羨ましかったことでしょう。

サラリーマンを「社畜(笑)」と腐し、デメリットにばかりフォーカスするのは、アンフェア感があると思うのは私だけでしょうか。
そういう記事は、信用におけません。

明日に不安があるフリーランスの自分を慰めたいのか…。
情報商材でも売りたいのか…。

フリーランスの多くが、サラリーマンのメリットを羨んでいる


職種にもよりますが、必要経費は自分持ちだから、「サラリーマン時代の倍以上稼がなければならない」というケースもあるかもしれません。
サラリーマンとフリーランスでは、フリーランスの方が頑張らなければならないと強く思います。

それなりに苦しい思いをしてきたフリーランスの方々は、共通してサラリーマンの福利厚生の充実や安定性を羨んだ経験があるでしょう。
「隣の芝は青い」ではないですが、辞めてみてわかるありがたみのようなものは必ずあるはずです。

起業よりもサラリーマン生活をおすすめする


サラリーマンorフリーランスでどちらがおすすめかを問われたら、僕ならサラリーマン生活をおすすめするでしょう。

最近では、派遣社員とフリーランスの活動を半々でするというライフスタイルも考え方のひとつとしてありますが、この考え方さえもおすすめしません。
「サラリーマンでいなさい」と言いたいです。

別に同業他社を増やしたくないから言っているのではなく、単純に相手の人生を考えた時に、サラリーマンをおすすめしてあげた方がその人のためであると本気で思っているからです。
リスクも小さくはないですからね。
フリーは楽ではないですよ。

それでも「俺はフリーになるんだ!!」と言える人にこそ、適正がある?


それでも、なりたい人はなりたいものです。
「フリーラスはやめとけ」と言われても、それでも「なるんだ!!」と言えるような人でないと、成功するのは難しい気もします。

杉直樹
杉直樹 著者の杉直樹です。
"ライフクエスト"は、基本的にはジャンル多岐にわたる総合ブログです。
"人生をより豊かにする"と"社会をよりよいものにする"にマッチした記事をたくさん書いていけたらと思います。
お役に立てる記事があれば幸いです。

Facebookページで為になる情報をチェック

コメント