【最新版】Firefoxユーザー必読!入れておくと捗るアドオン

この記事は2018年3月1日に更新されました。

Google Chromeが勢力を伸ばしつつある昨今だが、筆者はFirefox派だ。Chromeが軽量(サクサク動く)を売りにしているのに対し、Firefoxは拡張機能(アドオン)が売りだ。本業がウェブサイト制作である筆者からしたら、かゆいところに手が届くブラウザを使いたい。

そんな技術者が愛すべきブラウザFirefoxの、インストールしておきたいアドオンをごっそりと紹介してみよう。

入れておくと捗るFirefoxアドオン

一般的便利ツール

New Tab Homepage


タブ機能を拡張してくれるアドオン『Tab Mix Plus』がアップデートにより使用不能となった。そこで代替として『New Tab Homepage』を利用している。

「新しいタブを開く」で任意のホームページを開くことができる。初期段階で導入したいアドオンだ。

Adblock Plus


うっとうしい広告を非表示にしてくれるアドオン。YouTube閲覧時に最大の効力を発揮する。

ちなみに注意点として、[advertisement.jpg]のようなファイル名の画像は問答無料で非表示にされてしまう。ウェブサイト制作者などは開発時に気をつけよう。

日本語用コンテキスト検索


『Context Search』がアップデートにより使用不能となったので代替として。「テキスト選択→右クリック」で、好きな検索エンジンから検索できるようになる。地味だが便利。

筆者は、「Google」「Google画像検索」「Google動画検索」「YouTube」「Twitter」「Amazon」「Wikipedia」で検索できるように設定している。

1Password extention


パスワード管理アプリ『1Password』を利用している方は有効化しておきたい。ログインページにて、簡単な動作でIDとパスワードを自動入力できる。

Video DownloadHelper


動画をダウンロードできるアドオン。個人の趣味の範囲で。

Xmarks


ブラウザのブックマークをクラウドにアップできる便利ツール。ブラウザ間でのブックマークの共有が可能になる。PCではFirefoxを利用し、スマホではSafariを利用している筆者としては、ブックマークの共有が悩みの種であったが、Xmarksを使用することで妥協した。

ウェブ制作関連

Web Developer


様々なWeb開発ツールを統合したアドオン。「ソース表示」「Alt表示」「ブロッグ要素を枠で囲む」「Javascriptオフ」など、便利な機能満載。

ColorZilla


カラーピッカーで画面上のカラーコードを取得できるアドオン。少ない手順でカラーコードをコピーしてくれるのはありがたい。

Measure-it


ブラウザ上でpxの長さを計測できる。パッと長さを図りたいときに便利。

Fireshot


一瞬でキャプチャ画像が撮影できるアドオン『Pearl Crescent Page Saver Basic』がアップデートにより使用不能となってしまったので、代替として『Fireshot』を利用している。「PrtSc」キーでのコピーと違いウェブページ全域を保存してくれる。

User Agent Switcher


アドオン『User Agent Switcher』はアップデートにより使用不能となってしまった。代替はまだみつけていないが、Chromeではいまでも使えるので一応紹介しておこう。

UserAgenet切り替え、つまりiPhoneやAndroidなどスマホ環境の簡易的な表示確認を容易にできる。開発時に有効化したい。

Wappalyzer


閲覧中のウェブサイトで使われているウェブ技術を確認できる興味深いアドオン。当サイトはWordPressで構築されているが、それもこのアドオンなら一発で判明する。

杉直樹
杉直樹 著者の杉直樹です。
"ライフクエスト"は、基本的にはジャンル多岐にわたる総合ブログです。
"人生をより豊かにする"と"社会をよりよいものにする"にマッチした記事をたくさん書いていけたらと思います。
お役に立てる記事があれば幸いです。