【最新版】ブラウザからネット回線速度(Wi-Fi強度)を測定できるサイト

この記事は2018年3月1日に更新されました。

いまや私たちの生活に欠かせない存在となったWi-Fi(無線LAN)。お手持ちのパソコンやスマホ・タブレットなど、身の回りのデジタル機器にWi-Fiが搭載されているのが当たり前になってきた。

非常に便利だが、契約しているサービスや通信する場所によっては、通信速度が遅かったり不安定になったりすることがしばしばある。

そんな時に役立つ、ネット通信回線の速度を計測することができるサイトを、いくつか紹介してみよう。アプリをインストールしたりせずに、ブラウザで測定できるお手軽サイトをピックアップした。Mac・Windows関係なしに手軽に調べることができるので便利だ。

その前に、基礎情報

Mbps、Kbpsとは

Wi-Fiを契約する際などに、通信速度を示す単位としてよく耳にする「Mbps」。「Kbps」もしばしば耳にする。「1Mbps = 約1000kbps」とざっくり理解しておけばいいだろう。

何Mbpsくらいあれば良いのか

ウェブブラウジングや動画視聴などを快適にできる(イライラを感じる)かどうかの回線速度の目安は以下の数値。

〜1Mbps:ページ読み込みが重くて、多少イライラ。
1〜8Mbps:あまりストレスを感じない。
8Mbps〜:サクサク動く。

ちなみに平均は、自宅・職場が約16Mbps、外出先が約6Mbpsなんだとか。1Mbps以下しかない場合はおかしいので、ルーターの位置や距離感、接続が正しいか、通信制限にかかっていないかどうか等の確認などをした方がよい。

下り、上りとは

「下り=ダウンロード」「上り=アップロード」の速度を表す。普段のブラウジング時は、下り(ダウンロード)速度が基準だ。ファイルのアップロード・送信時は、上り(アップロード)が基準となる。

ネット回線速度を測定できるサイト

ラピッドネット


おすすめ度:★★★★★
当方環境では、さくっと測定できた。スマホでも問題なく測定可能!「高速モード」にチェックを入れれば、よりスピーディーに測定できる。

Google公式


おすすめ度:★★★★☆
Googleで「スピードテスト」と検索すれば、スピードテストができる!まさにGoogleの時代。スマホでも測定可能で、詳細測定もされる点がさすが。

Fast.com


おすすめ度:★★★★☆
鬼速でサクッと測ってくれる。シンプルで分かりやすいサイト。下りしか測定ができないのが残念。

USENの回線速度・通信速度測定


おすすめ度:★★☆☆☆
Adobe Flashを有効化して測定しなければならず、スマホでは面倒。測定まで少し時間がかかる。下り、上りの詳細測定ができない点もマイナス。

BNR スピードテスト


おすすめ度:★★☆☆☆
Adobe Flashを有効化して測定する。スマホでは面倒。下り、上りの詳細測定ができるが、別々に測定しなければならない。やや時間を要する。

Speedtest.net


おすすめ度:★☆☆☆☆
スマホでは測定できず、アプリを勧められる。PCでは下り、上りの詳細測定ができる。

速度.jp


おすすめ度:★☆☆☆☆
スマホではアプリ版のインストールを勧められるが「アプリなしに続けます」ボタンを押して、ブラウザでの測定ができる。やや時間がかかるものの、下り、上りの詳細測定が可能。ただしPCにて何度か測定できないエラーが発生したのでおすすめ度は低めとした。

スマホでは、アプリで測定するのもおすすめ

測定するのが1回きりであれば、上記のようなブラウザで簡単に測れるサイトがおすすめ。ただし、何度も測る可能性があるようなら、スマホではアプリのインストールをおすすめしたい。あるとなにかと便利だ。

Speedtest.net Speed Test

関連記事

杉直樹
杉直樹 著者の杉直樹です。
"ライフクエスト"は、基本的にはジャンル多岐にわたる総合ブログです。
"人生をより豊かにする"と"社会をよりよいものにする"にマッチした記事をたくさん書いていけたらと思います。
お役に立てる記事があれば幸いです。