加湿器の正しい使い方

特に冬場において室内に欠かせない加湿器。室内の湿度を上昇させることで、風邪やインフルエンザ、さらには乾燥肌やドライアイの予防に一役買ってくれる。

さて、加湿器を効果的な使い方については、意外と知らない方も多いのではないだろうか。曖昧なまま使ってしまうと、室内のカビの原因となったりするので、きちんと正しい使い方をおさらいしてから使用しよう。

加湿器の正しい使い方

毎日水を交換する

加湿器の水には水道水を利用するのが一般的だが、「昨日入れた水も今日入れた水も同じだろう」とついつい水の交換を怠ってしまいがちだ。

タンクの水が足りなくなった際の注ぎ足しや、昨日の水を入れ替えずのそのまま使用するなどの使用方法は禁物。水を丸一日放置すると、中に雑菌が繁殖してしまい、その菌を室内にばらまいてしまうことになる。毎日新しい水道水を入れるように気をつけよう。それと、タンク内も軽く洗ってあげよう。

適正な湿度は40~60%

湿度が40%ほどあれば、肌や髪、目の乾燥が防止できる。湿度が50%ほどあれば、インフルエンザウイルスの数が激減する。湿度が60%以上あれば、肌にとってはよいが、結露が起きたり雑菌やカビの繁殖が高くなる。

湿度が高ければ高いほどよいわけではないので、適正湿度である40~60%の湿度を意識して設定しよう。

エアコンをつけている間だけつける

冬場にエアコンをつけている間だけ、加湿器をつけるのが望ましいとされている。エアコン暖房は、空気の温度を上げるために、空気中の湿度を下げている。したがって、下がった湿度を再び上げるのを目的に、加湿器を使用すべきだ。

加湿器の設置場所

換気扇の近くには置かないようにしよう。加湿の為に放出した水蒸気が、最短距離で外に排気されてしまい、室内の湿度が上がりにくくなる。

エアコンの吹き出し口の真下の置くのもよくない。乾いた空気を感知してより湿度を上げようとし加湿過多になりがちだ。

またカビの防止のためにも、壁や窓、家具などから5センチ以上離そう。特にカビやすい木の家具のそばに置かないよう気をつたほうがよい。

結論としては、なるべく部屋の中央に置くのがベストだ

枕元に置くのもよくない

肌の乾燥防止のために、枕元に加湿器を置く人は多いようだが、顔まわりが過加湿になりやすくかえって逆効果だ。加湿器の蒸気によって肌に水分を与えると、逆に肌の水分が蒸発しやすくなり乾燥を招く。

さらには睡眠が浅くなってしまうという悪影響の心配も出てくる。

杉直樹
杉直樹 著者の杉直樹です。
"ライフクエスト"は、基本的にはジャンル多岐にわたる総合ブログです。
"人生をより豊かにする"と"社会をよりよいものにする"にマッチした記事をたくさん書いていけたらと思います。
お役に立てる記事があれば幸いです。