独自ドメインのメールアドレスをGmailに集約する方法(受信タイムラグ無し)

プライベート用、ビジネス用、携帯用など、用途ごとに複数のメールアカウントを使い分けて利用している方も多いだろう。そのような場合悩みの種となるのは、どのメールソフト(アプリ)で送受信を行うかということ。

GmailはGmailにログインして、Yahoo!メールはYahoo!メールにログインして…というように、それぞれをいちいち確認しにいくのは面倒で使い勝手が悪い。できれば一元化することでメール環境をシンプルにしたいものだ。

筆者は個人的にGmailに集約するのがよいと考えている。Gmailそのものの操作感もわかりやすく、フィルタリングやラベリングも細かく設定できて便利だ。本稿では、独自ドメインのメールアドレスをGmailで送受信する方法を解説する。

Gmail側で受信する設定

他のメールアドレスをGmailアドレスで受信するには、実はふたつの方法がある。

  • Mail Fetcherで取り込む
  • メール自動転送

本稿でおすすめするのはは後者のほうだ。解説も前者のほうは割愛する。

Gmail側で受信 その1:Mail Fetcherで取り込む

Mail Fetcherとは、メール読み出しの標準プロトコル・POP3で他のメールサーバーからメールを取り込む機能のこと。Gmail側で簡単に設定でき便利だが、見逃せないデメリットとして数分から1時間程度受信が遅延してしまう。

Google検索で「メールアドレス Gmailで受信」などと検索し解説を探すと、おおむねこちらのほうが紹介されている。

Gmail側で受信 その2:メール自動転送

メールサーバー側で用意されている自動転送機能を利用する方法。一般的なレンタルサーバーであればほとんどのものが自動転送機能を備えている。Gmailを転送先に設定すれば、相手からメールが送信されてから即時Gmailの受信トレイに届く。

以下、エックスサーバーを例に設定の仕方を解説する。(他のレンタルサーバーを利用している場合も、設定の手順はほぼ同じ。)

サーバーのコントロールパネルにログインし、「メールアカウント設定」をクリック。

転送設定する独自ドメインのメールアドレスを選択。

「転送」ボタンをクリック。

エックスサーバーのメールボックスに残す必要はない。設定の変更をクリックしよう。

「設定の変更(確定)」ボタンを押す。上記画面に戻ると「残さない」に変わっているはずだ。

転送先アドレスの欄に、Gmailのアドレスを入力し「転送設定の追加」ボタンを押す。

「転送先」にGmailアドレスが追加されているか確認。これで転送設定が完了した。

以上の設定で、独自ドメインのメールアドレスをGmailで受信できるようになった。

Gmail側で送信する設定

次に送信について。Gmail側で受信したのなら、送信もGmailでできるようにしておこう。

歯車ボタンより「設定」をクリック。

「アカウントとインポート」タブの「他のメールアドレスを追加」をクリック。
※「メールアカウントを追加する」と紛らわしいので注意。

独自ドメインのメールアドレスを入力する。「名前」は任意でよい。

必要情報を入力する。わからなければ、サーバーのコントロールパネルにログインすれば記載があるはずだ。
入力したらに「アカウントを追加」ボタンをクリック。

確認コードが求められるが、受信(転送)設定はさきほどしたので、Gmailに確認コードが届くと思われる。それを入力すればよい。

以上の設定で、独自ドメインのメールアドレスをGmailで送信できるようになった。タイムラグもないはずだ。

その他

Yahoo!メールではうまく設定できない

Yahoo!メールだと、上記の設定がうまくできなかった。自動転送の設定はできるのでGmail側で受信はできるが、そうするとGmailからの送信ができなくなってしまった。

解決方法として、本稿では紹介しなかったMail Fetcherで取り込むやりかたで受信するようにしよう。そうすればそうすれば送信もできる。(繰り返しになるが、デメリットとして受信タイムラグが数分から1時間程度発生する。)

確認は忘れずに

最後に、念のため送受信が問題なくできるか確認しておこう。

杉直樹
杉直樹 著者の杉直樹です。
"ライフクエスト"は、基本的にはジャンル多岐にわたる総合ブログです。
"人生をより豊かにする"と"社会をよりよいものにする"にマッチした記事をたくさん書いていけたらと思います。
お役に立てる記事があれば幸いです。