アフィリエイトの方法や種類、稼げるかどうか、リスクなどについてまとめてみた

ネットビジネスの王道として君臨するアフィリエイト。筆者も本業ではないもののアフィリエイターに属する。本稿ではアフィリエイトについて広く浅くまとめてまた

アフィリエイトを始めてみようと思っている方は読んでみてもいいかも。ちなみに筆者自身は、「アフィリエイトは儲からないので絶対にやらない方がいい」と主張する立場の人間なので、あまりアフィリエイトに過度な期待を寄せすぎないように気をつけながらご一読いただきたい。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは

アフィリエイトのイメージ
ネット広告のひとつ。ブログやウェブサイトである商品を紹介し、その商品が実際に売れた場合に、企業から報酬が支払われるという広告手法(成果報酬型という)のこと。あるいは、広告がクリックされるだけで報酬が入る手法(クリック課金型という)も、広義のアフィリエイトに含まれる。

広い意味では、ウェブサイトやメールに設置した広告で収益を上げることをアフィリエイトと総称する。だれでも簡単に始められるので、最も人気の高いネットビジネスのひとつとなっている。

一般的なアフィリエイトの始め方

ブログまたはウェブサイトを持つのが第一だ。あるいはSNSでもよい。

ウェブサイトを制作するスキルがない方が始める場合は、もっとも一般的な手法として、無料ブログを開設し記事内にアフィリエイトリンクを貼って収益化を図る。ブロガーとアフィリエイト広告主とをマッチングする「アフィリエイトASP」(後述)がたくさんあるので、そこに登録し、アフィリエイトリンクを任意の場所に設置すればOKだ。

ある程度ホームページを作る知識を持っている方は、ブログではなく例えば専門サイトを開設するのも手法のひとつ。サイトコンセプトにマッチしたピンポイントの広告設置で、効率化的に収益化を図る方法は目立つ(メンズエステのウェブサイトを用意し、メンズエステのアフィリエイト広告を設置するといった例)。

最近では、TwitterなどのSNSを用いたアフィリエイトも盛んに行われている。

アフィリエイトの方法

ウェブサイト


専門サイトを開設し、サイトコンセプトにマッチしたピンポイントのアフィリエイト広告を設置する方法。専門性が強ければ強いほど、ある特定の単語で検索された際にサイトが上位表示されやすいというSEO(検索エンジン対策)上の強みがある。くわえて記事内容と広告がマッチしているため、ナチュラルに収益化に繋げることができる。

ぱっと思いつくのは、いわゆる「比較サイト」だ。例えば「育毛シャンプー比較サイト」を作れば、「育毛シャンプー」という単語で検索された際に検索結果の上位に表示されやすい。そこに育毛シャンプーのアフィリエイト広告が張ってあれば、ユーザーはついクリックしてしまう。こういった戦略でスムーズに収益化を図るというアイデアだ。

こうした戦略でなにかの専門サイト制作しするにあたり、アフィリエイト広告の報酬率は重要なファクターとなる。報酬率の高い分野に関する専門サイトを作った方がより稼げる。一般商品よりもウェブサービスの広告報酬のほうが高い傾向にあるため、「レンタルサーバー比較」「ネットショップの始め方」などの専門サイトを作る戦略は本当に多い(ユーザーがレンタルサーバーを契約したりネットショップASPと契約したりすれば報酬が発生する)。

かなり理にかなったアプローチだが、この手のサイトはすでに氾濫してしまっている。後発組がいまさら手を出しても、満足な収益が得られるかどうかは疑問だ。

専門ブログ


筆者もこのやり方でアフィリエイトを行っている。

当ブログは、様々なコンセプトの記事をごった煮で記しているため純粋な専門ブログとは程遠いが、現時点では「ウェブ制作」に特化した記事が多い。記事を特定の分野のみに絞って書いていくと、その分野に興味があるユーザーを集められ、より専門的な読者が増える。記事数が多くなればなるほどサイトの質も高まり、安定したアクセスを集められるだろう。

アフィリエイト的観点でいえば、Googleアドセンスなどのクリック課金広告で収益化を図るのが一般的。記事にマッチしたものがあれば成果報酬型のものを設置してもいいが、広告を張りすぎると信頼をなくしてしまうおそれがあるため、バランスが難しいところだ。

専門ブログを作成し運営するにあたっては、ブログから仕事を獲得したり講演活動や書籍出版に繋げたり、信頼性を高める目的で運営するのがよいと感じている。アフィリエイト収益化は二の次とするくらいがよいバランスだ。

パーソナルブログ


いわゆる「カリスマブロガー」になるという作戦。専門ブログと違いある程度自由に書けるので、広告の選定も自由度が高く、ブログも好きなように運営できる。

どのようにブロガーとしての人気を確立するかという点は、自分で模索していくしかない。ソーシャルメディアとうまく付き合いつつ、ブロガーとして独自路線を開拓しよう。女性受けは重要なポイント。カリスマ主婦ブロガーになれれば月収100万円も夢ではないらしい。

無料ブログをさくっとまとめ:
FC2ブログ:アフィリエイター向け。多機能。アダルト可。
livedoorブログ:同じく多機能。
アメーバブログ:ソーシャル面で強み。削除に厳しめ。
seesaaブログ、忍者ブログ、楽天ブログ、はてなダイアリー、ココログ、yaplog!、JUGbなど。

YouTube


YouTubeに動画を流し、インストリーム広告による「収益受け取りプログラム」で収益を上げるという方法。1再生数で約0.1円収益化される。いわゆるYouTuber(ユーチューバー)というやつだ。

固定ファンがいれば、定期的に動画をアップすることで結構な額を稼ぐことができる。How to系の動画であれば、複数ステップに分けて順番に見せるなど、PV数を稼ぐ工夫が必要だ。ウェブサイトやブログ運営同様に、ある程度動画ストックが溜まったあたりからアクセス数が増え出し安定するだろう。

著作権違反があるとポリシー違反で収益化が無効になるおそれがあるため、TV録画の垂れ流しなんかではダメだ。人気を獲得するといっても簡単ではない

Twitter


つぶやき内にAmazonアソシエイトの広告などを混ぜ込む手法。気の利いたつぶやきを乱発してフォロワー数を増やし、たまにコンセプトにマッチした広告を流せば、多くのクリックを獲得できる。フォロワー獲得と両建てでやらなかればならないため、もちろん明確な運営戦略が必要だ。

モバイル


「ガラケーサイトの方が稼げる」という説。ニッチを攻める考え方。もうさすがにスマホに取って代わられた感があるため、いまさら始めるのもどうかと思う。

アダルト系


前述のウェブサイト運営と同じことだが、アダルト系は別ジャンルと捉えよう。取り扱う広告や扱えるブログなど様々な面において、通常のウェブサイトでのアフィリエイトとは異質だといえる。これはこれで特化したノウハウもあるのだろうが、あまり手を出そうとは思えない。

メルマガ


メルマガ内にアフィリエイト広告を設置する手法。当然メルマガ購読者がたくさんいなければ成り立たない。たいていの場合、専門ブログ運営などと両建てでやることでメルマガ読者はゆっくりと増えていく。

オプトイン


無料の商材を紹介する事で、報酬が発生する仕組み。有料商材は成果報酬を得ることが難しいのに対し、無料であれば成果獲得のハードルが下がるため報酬が得やすい。

無料だと広告主は損しかしないのでは?という疑問点についてが、メールリストが獲得できるため、そこからマネタイズに繋げることができれば得をする可能性がある。つまりWINWINの関係は維持されている。そうはいっても無料であるため報酬額がやすいのがネック。

広告の種類

売れたら収益化(成果報酬型)

アフィリエイト広告

アフィリエイトの狭義の定義はこれだ。アフィリエイトASPに登録し、配布されるアフィリエイトコードをウェブサイトにコピペする。商品リンクが設置され、ユーザーがクリックし商品を購入すれば成果を獲得できる。

Amazonアソシエイト系広告

Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトに代表されるアソシエイト広告。ユーザーはクリックするとAmazonや楽天のページに行くため、購入に不安を感じることが少ない。

また、広告の商品を買わずに別の商品を買ったとしても報酬として認めてくれるというシステムも大きなメリットだ。最初に広告をクリックした日からある程度の期間猶予があり(Amazonは1日、楽天は30日)、その間の購入も成果と認めてもらえる。

ただしデメリットとしては、報酬率は決して高くないことだ。

情報商材

一般商品ではなく、情報商材を扱うアフィリエイトも盛んに行われている。よく耳にするのが、「ネットで稼ぐための方法」のような”稼げるノウハウ系”の情報商材のアフィリエイト

そういった商材の中身は「私と同様に情報を商材にしアフィリエイトすれば儲かる!」というものが多い。すなわち実体の無いものを次から次へと広めていく「ねずみ講」だ。

クリックで収益化(クリック課金)

アドセンス広告

Googleアドセンスが代表的。ユーザーごとに最適な広告を判断して、勝手に最適化してくれる。ただ単に設置しておけばいいので非常に楽だ。

アクセス数が膨大なブログであれば、ただ設置しているだけで月数万〜数十万円入ってくることも考えられる。

利用規約は厳しく、ブログ内に水着写真があっただけで広告停止措置を受けることもある。十分気をつけて管理しよう。

アフィリエイトASP

アフィリエイト広告

  • A8ネット
  • トラフィックゲート
  • LinkShare
  • バリューコマース
  • アクセストレード
  • JANet
  • アフィリエイトB

筆者はA8ネットを使っている。取り扱い広告も豊富でオススメ。毎日のメールがスパム並みで鬱陶しいが、メールソフトのフィルタリングを使ってうまく無視しよう。

どれかひとつを選定するのではなく、複数のASPに登録しておくのもよいだろう。

Amazonアソシエイト系広告

  • Amazonアソシエイト
  • 楽天アフィリエイト
  • Yahoo!アフィリエイト

情報商材

  • infotop

アドセンス広告

  • Googleアドセンス
  • i-mobile
  • 忍者AdMAX
  • マイクロアド

Googleアドセンスは、審査がある。審査に合格しなければ広告を使用できないが、一度審査に通ってしまえば自由に複数サイトに広告を貼ることができる。

アフィリエイトは稼げるのか

稼げている人の割合

アフィリエイトで月に5,000円以上稼ぐ人の割合は、なんと全体の5%だという(ネット界隈でよく聞くデータだが、古いしソースが曖昧なので参考程度に)。

したがって「アフィリエイトは稼げるのか?」という問いには「多分無理。」と答えるのが妥当である

ただしここでの「全体」とは「ちょっとやってみたけど稼げないからすぐ止めた」という人も含まれる。本気で取り組めばもしかしたら稼げるかもしれない。

アイデアがなければ稼げない

「自分には何の能もないのですが、どうやったら人気ブロガーになれますか?」というふざけた質問に対する、堀江貴文氏の回答。

回答の概要:
読者にメリットを与えることは絶対に必要。せめて『NAVERまとめ』のようにまとめ作業を毎日続けていけば、編集力が磨かれるのでやってみたら?

こういった動画は面白い。

アフィリエイトを始めたい方は、必ず何かしらの戦略を立てることが絶対に必要だ。まずは自分なりに考えた「戦略」をノートに書き出してみよう。翌日に見なおしてみて、この戦略は「オリジナリティがある」「読者のためになる」「世の中をちょっとでもいい方向に変えられる」「勝負できる」と思えたら、スタートを切ってみてもいいだろう

ただただ作業をこなすだけでは稼げない。ネットにゴミを増やすだけで無意味。他の人と同じことをするだけでも無理だろう。

「アフィリエイトでの稼ぎ方」情報も売られている

ところで先ほどちらっと触れたが、「アフィリエイトでの稼ぎ方」というノウハウ系情報商材は腐るほど売られている。これらは詐欺の可能性も高いと思われるため、気をつけよう

個人的に「アフィリエイトでの稼ぎ方」のような情報商材を紹介するアフィリエイト行為は好きになれない。誠実であると誓えるかという意味で、アフィリエイトで紹介する商材は自分の家族に紹介できるものにとどめておくべきだと思う。

ノーリスクではない


よく「アフィリエイトはノーリスクで始められる」と聞くがこれは嘘だ。資金が0円で始められるとしても、機会費用も含めると諸々のリスクはかかる。そしてもちろん金銭的な意味でのリスクも多少かけないと、おそらく稼げないまま終わるだろう。

以下、考えられるリスクについて簡単にまとめてみた。

ウェブサイト制作・管理費用

無料ブログやTwitterなどのウェブサービスを用いてスタートするのであれば、費用はかからない。ただし検索エンジンからの流入やサイトブランディングを意識するのであれば、独自ドメインでの運営も視野にいれることになる

ウェブサイトを運営するのであれば、ドメイン代とレンタルサーバー代がかかる。それぞれ年間で、約1,000円、約8,000円程度。年間約9,000円程度の出費が見込まれる。

もちろんウェブ制作費用も別途かかる。外注するならクラウドソーシングサイト発注でギリギリまで安く見積もっても50,000円程度はかかるだろう。

記事執筆の機会費用

ウェブサイト運営をまともにやろうとするのであれば、絶えず記事を更新をしつづけるべきだ。後発組であれば尚更。

記事執筆にも、もちろんコストがかかる。時間的コストは膨大だ。

結構危険な賭け?

機会費用もコストに含めると、100万円は見込んだ方がいいと思う。

筆者はウェブ制作者などで痛いほど理解しているが、ウェブサイト運営というのは、中途半端に取り組んでも結果が出ないことが多い。「試しに3ヶ月やってみよう」という考え方だと9割型失敗する。相当の努力とコストをかけないと結果はついてこない。

アフィリエイトはノーリスクどころかリスクはかなり高いと思う。時間を無駄にするという意味で。基本的には「割にあわない努力」を長い期間続けることになると思われる。ローリスクで成功したいのであれば、やはり「斬新かつ面白みのあるアイデア」は必要不可欠だ。

個人的見解

アフィリエイトに淡い希望を持たない方がいい

しつこい繰り返しになるが、筆者の個人的見解として、アフィリエイトはオススメできない。淡い期待を抱いても、数カ月後には儚く消えている可能性は高い。

特にアフィリエイト成功者の成功談を鵜呑みにして「自分もやってみよう」と考える方は要注意。巷のアフィリエイト成功者は成功ノウハウ系の情報商材販売につなげようとする輩が多く、カモにされる恐れがある。

ウェブサイトを運営している方は、ついでにアフィリエイトもすればいい

アフィリエイト否定派の筆者だが、実は筆者自身アフィリエイトはしている。当サイトで。矛盾しているようだが、筆者はウェブサイト制作が本業なので、一般の方と単純比較はできない。

そもそも筆者がこのブログを運営している目的は、アフィリエイトオンリーではない。ウェブ制作関連の記事をアウトプットしておきたいという目的と、仕事獲得にも繋げたいという目的がある。ウェブサイト運営自体が奥が深く面白いので、半ば趣味に近い。

せっかくいっぱい記事を書いて、そこそこのアクセスが集まっているのであれば、Googleアドセンスのひとつを置くだけでも収益になる。アクセスを伸ばすことや収益を伸ばすことは、ウェブサイト運営の指針として付き合っていくと結構面白い。既にブロガー歴が長い方や、ブログに興味がある方は、まずは気軽にチャレンジしてみてもよいと思う。

収益化だけを気にしていると、自分らしさが失われたり余計なストレスを感じたりとよくないので、「アクセス数に応じて獲得できるご褒美」ぐらいに軽く捉えるのがいい距離感かなと思う。

最後におまけ

アフィリエイトに関する気になった記事を紹介。アフィリエイトに対する考え方は筆者と対立しているものも多いが、参考にしてみてもよいだろう。

アフィリエイトに関する気になった記事

杉直樹
杉直樹 著者の杉直樹です。
"ライフクエスト"は、基本的にはジャンル多岐にわたる総合ブログです。
"人生をより豊かにする"と"社会をよりよいものにする"にマッチした記事をたくさん書いていけたらと思います。
お役に立てる記事があれば幸いです。