Windows一筋だった僕がはじめてiMacを買って、2週間使ってみたうえでの感想

10歳ぐらいの頃に学校で初めてPCに触れたときからカウントすると、13年間ほどWindows一筋でした。
ですが先日とうとう、Macに乗り換えました

WindownノートPCが若干重くなってきつつあったのが理由です。
いいきっかけになりました。

MacBookAirやProも検討しましたが、僕はノマドではないのでデスクトップ型のiMacにしました。

スペックと価格

【iMac 21.5インチ(¥128,800)】
プロセッサ:2.7 GHz Intel Core i5
グラフィックス:Intel Iris Pro Graphics
ハードディスク:1000GB

メモリ:8GB 1,600MHZ DDR3 SDRAM – 2 x 4GB
容量:1TBシリアルATAドライブ(5,400 rpm)
Apple USB SuperDrive:なし
マウスとMagic Trackpad:Magic Trackpad

消費税 ¥10,304
注文合計 ¥139,104

念願だったMacデビュー!
メイン機として使った感想を、ここに記しておきます。

ちなみに現状そこまでApple信者ではないので、おそらくフェアな見方ではあると思います。

余談:購入手続きでつまづいた

Apple Storeで購入しました。
いろいろ探せばさらに安く変えたのかもしれませんが、安心して買い物したかったので、安く買う努力はしませんでした。

さて、Apple Storeでの買い物ですが、いくつかつまづいた点があり若干の不満が残りました。

クレジットカードが使えなかった(原因不明)

楽天カードで購入しようとしましたが、承認されず。
ヘルプを参照すると、「カードの方で限度額が設定されている可能性があるので確認」の旨が記されていました。
ですが、カード情報を見ると、どうやら限度額以内に収まっているようでした。

結局よく理由はわからなかったのですが、まあ銀行振込でいいやということで、カード支払い→銀行振込に変更しました。

銀行振込にも失敗する

銀行振込手続きも、うまくいきませんでした。

振込ページとして「決済ステーション」というサービスに移動します。
そこですんなり振り込めばよかったのですが、残高を確認しておこうということで一旦ブラウザのウィンドウを閉じてしまいました。

この時点では、ウィンドウを閉じたとしてもいつでも支払いできるだろうと思っていました。
Appleから送られてくるメールや、あるいはApple Storeのアカウントページ内に、振込ページのURL等の記載があると思っていました。

ところが、一度ウィンドウを閉じてしまうと、その後どんなに調べても銀行振込手続きページにたどり着けることはありませんでした。
「Apple Storeでの銀行振込のチャンスは一度しかない」というのが、今のところの自分の理解です。

電話しコンビニ支払いに変更し、ようやく手続き完了

Apple Online Store(0120-993-993)にお電話。
クレジットカードについては聞くのを忘れましたが、銀行振込の失敗について訪ねました。

担当者の方のリアクションから察するに、どうやらしばしばあることのようです。
そしてすみやかにコンビニ決済の方に誘導されました。
別にコンビニ支払いでもよかったため了承。

担当者の方が、アカウント内の購入データの書き換えを行ってくれます。
15分くらい待つとメールが来るので、その案内に従ってコンビニ支払い手続きをすればOKとのこと。
そこでようやく、購入手続きを終えることができました。

ちなみに、電話対応の方の対応は完璧でした。
電話対応の評判がすこぶる良いのに納得。

Apple Storeは使いにくい? でも電話して聞けば教えてくれる

少なくとも今回の買い物では、「Apple Storeは使いにくい」と思わざるを得ませんでした。
とにかく、わからないことがあれば、電話で聞くのが一番です。
おそらく優しく教えてくれるはずです。

到着→早速開封の儀

6日ほど待ち到着!
開封したときのわくわく感たるや。

デザイン性などに関しては、語る必要性すらないようにも感じます。
すばらしく感動しました。


外箱もきれいですね。


フォルムに感動。

薄いです。


後ろ。USBポート4つ。

説明書など。

で、最後が起動した感じです。

はじめてMacを使ってみての感想

ファーストインプレッション

ジャーーンという起動音

ややうるさいです。
でもアプリで消せます。

一番最初の設定に若干手間取る

初期設定に若干手間取りました。
というか、トラックパッドの使い方がよくわかっていませんでした。
見た目が完全に平らだったので、クリックできることに気づくまでに3分かかりました

ひとつひとつの動作が滑らかで美しい

iPod touchを持っている僕としては、「PCがiPodっぽく動く」という感想を抱いたというのが正直なところです。
ほとんど同じような使い心地です。

ひとつひとつの動作(特にスクロール時の挙動)が滑らかで美しく、うっとりします。
トラックパッドでのスクロールは、やはり気持ちがいいです。

フォントが恐ろしくきれい

フォントの違いは、明確に差が出ます。
このサイト以外にも、いつも見ていたはずのYahoo! JAPANなど、とにかくすべてのサイトがどこか違った雰囲気に感じます。

ざっと使ってみて

動作について

高スペックですので、さくさく動いてもらわないと困ります。
期待通りの高速動作で非常に快適です。

しかし、Photoshopで大容量のPSDを読み込むと、残念ながらさすがに少々重くなりました。
期待値爆上げは禁物ですね。
(単純にスペックの問題だと思うので、MacかWndowsか云々の話ではないかと思います。)

「英数」「かな」切り替えが独立!何気に最高

文字入力の際の「英数」と「かな」の切り替えが独立しているというのは、地味にありがたいです。
ボタン自体がそれぞれ独立しているため、間違いが起こりにくいです。
また、アルファベットを大文字で入力するための「capsキー」にランプがついているのも、同様にありがたいです。
「小文字で入力したいのに大文字になっちゃった」というよくあるイライラも、ランプに明かりがともっていれば一目瞭然なので、ミスが起こりにくいです。

トラックパッドだけでなく、マウスもあった方がいい

「Mac使うならトラックパッドっしょ!」という意見が根強くあるのは承知していますが、個人的には同意しかねます。
これは、長年マウスを使い続けてきている影響もあるでしょうが、瞬時に思ったところにカーソルを持ってくるには、やはりマウスが一番です。
トラックパッドだと微妙にずれる。
逐一ストレスがたまります。慣れていないうちは特に。

また、長時間トラックパッドを使い続けていると手が痛くなります
この点も見過ごせません。

3日くらいトラックパッドオンリーで粘りましたが、早々に見切りを付けました。
素直に扱いやすい方を使いましょう。
(ブラウジングくらいしかしないという方は、トラックパッドだけでもいいかもしれません。)

といっても、トラックパッドは用なしではありません。
トラックパッドとマウスは、両方有効にしています。
“バーチャルデスクトップの切り替え”(後述)なんかは、トラッックパッドを利用した方がしっくりきます。

マウスは、Magic Mouseじゃない方がいいかもしれない

実際にMagic Mouseを使った経験があるわけではないので、この部分は想像も含めて書きます。
マウスに関しては、いままで使っていた、いたって普通の有線マウスを使っています。
Magic Mouseについても調べましたが、「高機能だがかえって使いにくい」というマイナス評価もちらほら耳にしますので、購入は慎重になった方がいいかもしれません。

ちなみに、有線マウスと有線イヤホンを同時に使うと、ケーブルがこんがらがりそうで軽くストレスを感じます。
この機会に、両方とも無線に切り替えることを検討しています。

「ことえり」は早めに見切って「Google日本語入力」へ

Macのデフォルトでは、日本語変換システムとして「ことえり」が導入されています。
早い段階で「ことえり」の悪評を耳にしてしまったので、慣れ親しんだ「Google日本語入力」へ早々に切り替えました
「ことえり」へのストレスを感じる前での変更でしたので、絶対にそうした方がいいかどうかはわかりかねます。

ファイルを「スペースキー」でプレビューできる


軽く感動したのは、ファイルを選択した状態で「スペースキー」を押すとプレビューできること。
素早く視覚的に操作でき非常に楽です。

iTunesが爆速

有名な噂ですが、iTunesはMacの方が圧倒的に早いんだとか。
本当にそういう仕様なのでしょうか?
(僕のWindowsPCが低スペックだったからかもしれませんが。)

スクロールによる上下動作が逆

Windows時と比べると、マウスホイールでのスクロールによる上下動作が逆ですね。
設定で直せますが、そうするとトラックパッドの方も上下逆になってしまい混乱する…。
もどかしいですが、慣れるしかないと思います。

“Mission Control”は素晴らしい

「Mission Control」なる仕組みを、つい最近まで全く知らなかったです。
この仕組みはすごいですね。

とりわけ「バーチャルデスクトップ」という概念には衝撃を受けました。
仮想デスクトップを複数作成し、「テキストエディット用デスクトップ」「ブラウジング用デスクトップ」「画像編集用デスクトップ」のように、目的に応じて各種ソフトのウィンドウを配置すれば、非常にすっきりします。
これにより、デスクトップ上に様々なウィンドウがごった返すのを防げます。

設定も視覚的に操作できるので、慣れれば一切迷いません。
3本指でスワイプするだけで、バーチャルデスクトップの切り替えも簡単。
最強に便利です。

Windowsでも、ソフト次第では似たような環境を構築できるらしいです。

WordやExcelも開ける

以前のWinノートPCでは、Windowsではあるものの「Word」や「Excel」が開けませんでした。
仕方なく「Word Viewer」「Excel Viewer」というソフトで閲覧していました。

今回Mac環境にするにあたり「Word」「Excel」の閲覧はどうしようかなと悩んでいたのですが、実は初期導入されているソフトで普通に閲覧可能でした。
びっくりしました。

まとめ:Macは素晴らしかった

Win or Macとなると、Macを強く勧めたい

Macは素晴らしいです。
噂通りでした。

その一方で、一番最初の慣れる段階までに若干苦労するでしょう。

ですので、わからないことがあれば素早くGoogle検索で調べられる程度にリテラシーのある人に勧めます。
そのような方であれば、1週間ほど使った頃には、すっかりMacの魅力の虜になっている可能性があります。

ただし僕の場合、低スペックPC→iMacとやや極端なPC新調となったので、その点も影響があるかもしれません。
いつか、ハイスペックWindowsでの出会いでも感動したいものです。

Macを勧められない場合も

逆に、「パソコンをたまにしかしない」「パソコンが苦手」「パソコンでわからないことがあれば、すぐ人に聞いてしまう(自己解決できない)」という方は、慣れ親しんだWindows環境のままの方がいいかもしれません。
(そうは言っても、そういう方は新バージョンのWindowsに手こずる可能性がありますが。)

あとは、仕事場でのPCがWindowで混乱したくない方や、PCゲームをよくするという方も、よく考えた方がいいと思います。

結び

正直「Mac最高!」と叫びたくなる気持ちも多少あります。
ですが、ユーザー次第ではWindowsがベストの選択である可能性も当然あるでしょう。

ここまでMacに対しては「褒め」が圧倒的に多かったものの、当記事を参考にされたい方は、どうぞ慎重にご判断ください。

杉直樹
杉直樹 著者の杉直樹です。
"ライフクエスト"は、基本的にはジャンル多岐にわたる総合ブログです。
"人生をより豊かにする"と"社会をよりよいものにする"にマッチした記事をたくさん書いていけたらと思います。
お役に立てる記事があれば幸いです。